ブログ

blog
公開日: 最終更新日:

首のこりによる後頭神経痛のピリピリした痛みを後頭下筋群をほぐす鍼灸治療で改善!

赤岩優子の写真

執筆者:鍼灸師 赤岩優子

首のこりによる後頭神経痛には鍼灸治療が効果的ですよ!

首のこりによる後頭神経痛のピリピリした痛みを後頭下筋群をほぐす鍼灸治療で改善!

首のこり、後頭部のピリピリとした痛み、耳の周りの違和感にお悩みではありませんか?このような不快な症状は、首の筋肉のこりによる後頭神経痛かも知れません。この記事では、首のこりがどのようにして後頭部の痛みや後頭神経痛を引き起こすのか、そして当院の治療内容について、鍼灸治療でこれらの症状をどのように改善していくのかをご紹介します。

首こりと後頭部の痛みの関係

首の筋肉がこると、こりや疲労感を感じるだけでなく、首の筋肉の間を走る神経が圧迫されて後頭部や耳の後ろ側に痛みが生じることがあります。この状態を後頭神経痛といいます。

後頭神経痛とは

後頭神経痛とは、後頭部に痛みを引き起こす神経痛の一つです。主に、大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経が関係しています。

これらの神経は、首の筋肉の間から皮膚の表面に出ていて、筋肉の圧迫によって痛みが生じやすいとされています。

後頭神経痛の症状

後頭神経痛の症状や痛み方は個人差が大きく、違和感や軽いチクチク感~激痛まで様々です。

  • 後頭部の頭皮のピリピリ、チクチク、ズキズキといった痛み
  • 痛みは片側だけでなく、両側に起きることもある
  • 耳の後ろ側の痛みや違和感
  • 頭皮の感覚が鈍くなったり、その逆に過敏になったりする(しびれるような感じや違和感が起きることもある)
  • 押すと圧痛を伴うことが多い
  • 片側だけに痛みが出た場合は、片頭痛や帯状疱疹との鑑別が重要になる
  • 吐き気やめまいは通常は起きない(片頭痛や緊張性頭痛との違い)

後頭神経痛の原因

後頭神経痛の原因は多岐にわたります。そのため、同じ症状を示す他の病気との鑑別が非常に重要です。特に、ウイルス感染症など迅速な対応が必要な病気もあるため、注意が必要です。症状が続く場合は、早期に専門医の診断を受けることをお勧めします。

  • 血管の圧迫
  • けが(むち打ち)
  • 頭や首の手術
  • ウィルスによる感染症(単純ヘルペス、帯状疱疹)
  • 首の骨の異常(関節リウマチ、変形性頚椎症)
  • 肩こり、首こり
  • 緊張性頭痛

参考:MEDLEY:後頭神経痛

首のこりによる後頭神経痛の鍼灸治療

首のこりが引き起こす後頭神経痛には、鍼灸治療が効果的です。痛みのもとは、首の筋肉による神経の圧迫にあります。そのため、治療ではこり固まった首の筋肉をほぐすことが中心となります。

また、首の筋肉がこり固まると、肩や背中、腰など、姿勢を支える筋肉にも不均衡が生じます。赤岩治療院では、後頭神経痛の改善を目指し、以下のようなアプローチを行っています。

首の筋肉のこりへの鍼治療

首には、頭を支え、複雑な動きに対応するために多くの筋肉があります。

後頭神経や耳介神経は、それらの筋肉の間を通ったり、貫いたりしているため、筋肉の状態がこり固まって柔軟性が低下すると、神経が圧迫され、痛みを引き起こします。

治療では、主に後頭下筋群(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)、僧帽筋を鍼でゆるめ、胸鎖乳突筋はマッサージで丁寧にほぐしていきます。

後頭下筋群への鍼治療

  • 後頭下筋群:後頭部の動きを支えると同時に、神経の通り道としても重要な役割をになっており、後頭佳筋群の緊張は後頭神経痛の原因となることがあります。
  • 僧帽筋:首、肩、背中に広がる筋肉です。この筋肉は、精神的な緊張やストレスによってこり固まることが多くあります。僧帽筋が緊張すると、大後頭神経や小後頭神経の圧迫が起き、後頭神経痛を引き起こすことがあります。
  • 胸鎖乳突筋:頭を斜め前に倒す時に働く筋肉です。長時間のデスクワークやスマートフォンの使用によって緊張しやすいです。また、精神的な焦りが現れやすい筋肉でもあります。この筋肉の緊張も後頭神経痛の原因となります。

首こりへの鍼灸治療のページもご覧ください。

肩、背中、腰への鍼灸治療

首のこりに悩む方の多くは、日常生活において姿勢が崩れていることが原因の一つとなっています。首から肩甲骨にかけての緊張感や、肩甲骨の動きの悪さは、姿勢の全体的な不均衡が現われている状態です。鍼灸治療は、このような状態に対して、バランスを取り戻すために効果的です。

自律神経の調整

首や肩の筋肉の状態は、精神面と深い関係があります。緊張により無意識のうちに肩が上がってしまう方や、左右の肩甲骨の間に張りが生じている方も多くみられます。

赤岩治療院では、施術前に問診を行い、東洋医学の診断法により体質や傾向を把握した上で、お一人おひとりに最適な治療法を組み立てます。

さらに、適切な刺激を加える鍼灸治療を通じて、リラクゼーション効果を高めるための丁寧な施術を心がけています。

まとめ

私もかつて後頭神経痛で激しい痛みを経験したことがあります。その時は首のこりだけでなく、強いストレスを感じていたため、全身が疲れ切っているように感じました。ですので、首のこりの治療だけでなく、全身のケアが必要だと感じました。

鍼灸治療は、首の表層から深層にある筋肉の緊張をほぐすことができます。これにより、首のこりを効果的に改善することが可能です。さらに、首や肩の筋肉は、精神的な状態を映し出すことが多いため、当院では、首への施術だけではなく、身体全体のバランスを考えたリラクゼーション効果の高い施術を行っています。

後頭神経痛でお悩みの方は、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

ご予約のページへ矢印アイコン
ブログ記事一覧へ